お知らせ

入道ヶ嶽山頂奥宮鳥居修復事業御協賛のお願い

更新日 2017年02月15日

鈴鹿山脈の中央に位置する入道ヶ嶽は往IMG_0413古時代、地祇・猿田彦大神が天然のやしろとして高山生活を営まれていた神山であり、神代の神跡・磐座が多数現存いたします。

昭和41年、山頂に御本殿を造営し、椿大神社の奥宮として天照大神、猿田彦大神をお祀りして以来、毎年、春(5月)と秋(11月)の年2回、大祭を執り行っています。

山頂は風雨厳しく、以後何度かの修復御造営を重ねてまいりましたが、昭和58年奉納の山頂鳥居は愈々倒壊の恐れが出てきました。このことより、此度、鳥居の新調・造営計画を今春着工の予定で進めております。

つきましては、何かと出費御多端の折り、誠に恐縮ではございますが御浄財の御協賛をお願い申し上げます。

総工費予算 五百万円
(ヘリコプターでの資材搬送費を含む)

ご協賛の詳細につきましては、椿大神社 社務所までご連絡下さい。
電話番号 059(371)1515

 

ページ先頭へ