お知らせ

椿大神社惟神椿道場参集殿展示室 「海外神社」展

更新日 2018年04月2日

椿大神社惟神椿道場参集殿展示室 「海外神社」展

IMG_5333 - コピーIMG_5330 - コピー

 

「海外神社」とは、台湾の領有(明治28年)以後、関東州・樺太・朝鮮・南洋諸島、及び満州や占領地、入植地に鎮座した神社のことを言ふが、朝鮮釜山の龍頭山神社は、日本人の居住区であった倭館の域内に延宝6年(340年前)に鎮座した金比羅神社に端を発する、と言ふ特異な例もある。
これらは、民間で設けられたものを含め、公の認めたものは計676社で、この他に朝鮮には「神祠」が969社、台湾には「社・遥拝所」が133社あり、他に千島列島・ハワイ・南米にもあった。これらのうち官国弊社は、形式上は昭和20年11月に廃止されたが、日本の敗戦による領土の放棄・在留民の帰国により、その他の神社も自然、廃社とならざるを得なかった。
本展示は、「海外神社」のうち官国弊社(18社)を中心に、当時の写真・神社誌・由緒書・絵葉書・朱印と、昭和50年前後の台湾・韓国に於ける神社跡の状況写真を展示する。

 

   開催期間 平成30年4月1日 ~ 6月末

   場  所 椿大神社惟神椿道場参集殿展示室

   開室時間 午前9時~午後5時(無休)

 

  次回展示 「浮世絵の歴史」展
       平成30年7月1日 ~ 9月末

ページ先頭へ