お知らせ

巫女だより

巫女だより ~祓殿・授与所~

2017.10.23

十月も下旬にさしかかり、朝夕だけでなく日中も肌寒くなってまいりました。

体調には十分お氣をつけて日々お過ごしください。

 

六月下旬から改築工事を進めていました祓殿、

授与所が完成しました。十月十日には秋季例大祭に合わせて

竣功奉祝祭を盛大に行うことができました。

新祓殿は以前と比べるととても明るく広くなり、

真新しい畳と檜の香りに包まれ、

ご参拝の方にはお喜びいただいております。

そして私たちも氣持ちよくご奉仕させていただいております。

また、新授与所は以前に比べとても広くなりました。

 

皆様もぜひご参拝の際には新しい祓殿と授与所をご覧ください。巫女だより

 

 

巫女だより~七五三詣で~

2017.9.24

 

ようやく境内を吹く風が秋の訪れを感じさせる季節となりました。

 

私たちは、今、七五三詣でのお子様にお渡しする

お守り、千歳飴、お菓子の用意をしております。

七五三詣でに来られる晴れ着を着た子供たちが、

千歳飴をもらって喜ぶ姿がとてもかわいらしく

こちらまで笑顔になってしまいます(*^^*)

 

七五三の御祈祷は12月上旬まで受付いたしております。

(御祈祷料 お一人三千円より志)

皆様のご参拝心よりお待ちしております。

 

また、11月15日には七五三祭が斎行されます。

是非、ご家族お揃いにてご参列ください。

IMG_4566

巫女だより 秋季例大祭

2017.9.30

椿大神社では、10月10日、11日、12日に秋季例大祭が斎行されます。

10月9日(日・祝)には子供神輿の奉納も行われます。

私達巫女も大祭に向けて殿内の大掃除や、神楽舞の練習を行っております。

11日の本宮祭、12日の別宮祭で奉奏させて頂く、祭祀舞「椿の宮」の

四人舞は、今年奉職の巫女が大祭で初めての神楽舞の奉奏となりますので、

緊張感を持って練習しています。

祭祀舞「椿の宮」は、椿の花が開いたり、閉じたりするのをイメージして舞います。

四人の息のそろった舞は、椿柄の舞装束と相まってとても綺麗です。

また、宵祭では二人舞もあり、毎日美しい舞を奉奏できる様、頑張っております。

IMG_4738ss

 

 

 

巫女だより~神の森コンサート~

2017.8.19

暦の上ではもう秋ですが、まだまだ暑い日が続いております。

皆様どうぞ熱中症にはお氣を付け下さい。

 

さて、今年で12回目となります神の森コンサートが

9月16日(土)に開催されます。

今回は、ボサノヴァ歌手のアメリアさん、そして三重県下を中心に

活躍されているアコースティックジャズバンドのスワンダフルトリオとのコラボ

「アメリア&スワンダフルJAM」の演奏がございます。

また昨年に続き、西部少年少女合唱団、アンサンブルGGの

皆さんが出演し境内に美しい歌声を響かせてくれることでしょう!

 

午後6時30分から椿大神社境内特設舞台にて開催いたします(雨天開催)

拝観は無料ですのでお誘いあわせの上、是非お越しください。

神の森コンサート

巫女だより ~驚きました!~

2017.7.9

今年も早いもので半年が過ぎました。

天候が不順で、暑かったり寒かったりと

目まぐるしいですが

皆様どうぞご自愛ください

 

さて、先日お掃除をしていたら

尻尾が二本もあるトカゲを見つけました。

日頃からトカゲはよく目にしますが、

尻尾が二本あるのは初めてで驚きました!

大変珍しいので思わず写真に収めました。

 

何か良いことがあるかもしれませんね!(^^)MO8N0797

巫女だより~御田植祭~

2017.5.23

最近、暑い日が続き、早くも夏の訪れを感じさせる季節となってきました。

水分補給を忘れずに体調管理には十分お氣をつけください。

 

6月11日(日)に斎行する年中行事「御田植祭」に向けて、準備を進めております。

祭典は12時30分の本殿祭ののち、奉仕者により神社から神饌田へ道中行列で向かいます。

神饌田では、植方男、植方女によるお田植え神事、最後に大団扇合わせ神事が行われ、

本年の五穀豊穣を祈念いたします。

 

また、秋に収穫されたお米の内、一俵は伊勢の神宮に奉納いたします。

 

祭典の中では、巫女による神楽舞もございます。

年間の祭典の中でも御田植祭では唯一浦安の舞(鈴舞・扇舞)、

祭祀舞「椿の宮」(つばきのみや)と3曲舞います。

4人の巫女が神饌田の特設舞台にて奉納する神楽舞は20分程で見ごたえがあります。

私たちは、現在、一生懸命練習しております。

 

桃山時代のお田植の風俗に習い、行われる御田植祭に是非お越しください。

BUN_5650

春の訪れ

2017.4.2

当神社では年始に、22年ぶりIMG_7055の大雪に見舞われました。

境内の樹木も折れたり倒れたりと、たくさんの被害を受けました。

その中に、中庭にある老木の梅が雪の降った翌日に、屋根から落ちて来た雪によって全て埋ってしましました。

雪は2メートルを越える高さまで積み上がり、とけるまでに1ヶ月かかりました。

枝は折れ、長期間冷たい雪に埋もれていた梅を心配しましたが、ようやく花が咲きました。

わずかながら、白い花をしっかり咲かせている梅に力強さを感じました。

新年度がはじまりました。私たちも梅の強さにならい、氣を引き締めてご奉仕したく思います

ページ先頭へ