施設紹介

茶室 鈴松庵

茶室 鈴松庵

茶室・鈴松庵は、日本の心をこよなく愛した松下幸之助翁(経営の神様・松下電器産業[現:パナソニック]創始者)が茶道の発展を祈念し、庭園とともに寄進されました。
この地、鈴鹿山麓一帯、とくに入道ヶ嶽より出ずる明神川の清流は、万病を治す不老長寿の神水、薬水とされ、その水で点てる茶の味が殊のほか美味しいといわれるのは、水がよいからに違いありません。
また、芸能の祖神として知られる天之鈿女命は、茶道の神様であることは広く知られています。

鈴松庵は、境内老杉大木の中にあり、小間(三畳台目席)、広間(十畳書院)、立礼席(六坪)の三室を備え、新緑の春、紅葉の秋、冬の雪景色など四季折々の風情もお楽しみいただけます。
この茶室は、流派を問わず、一般に広く開放しておりますので、癒しのひとときを味わう空間としてご利用下さい。

茶室 鈴松庵

茶室 鈴松庵

ご利用について

お呈茶は一服800円にて(銘々皿付)お召し上がりいただけます。
お氣軽におこし下さい。

ページ先頭へ