お知らせ

祭典・行事のご案内

第40回夏期大学講座

2019.3.25

開催日:平成31年7月27日(土)

会 場:椿大神社 椿会館/参集殿

講 演:午後1時半

講 師:土井善晴(どい よしはる)

演 題:「食べることは生きること」

受講料:5,000円 ※昼食・茶室「鈴松庵」での呈茶を含みます

 

~講師紹介~土井先生2019

大阪出身。スイス、フランスでフランス料理を、大阪の「味吉兆」で日本料理を修行され、土井勝料理学校へ勤務。平成4年に「おいしいもの研究所」を設立。
テレビ「きょうの料理」(NHK)、「プレバト」(CBC放送)、「土井善晴の美食探訪」(BS朝日)に出演するほか、食育の講演、出版、メディア、大学などでも活躍町の料理研究家。

 

入学勧学祭

2019.2.4

yjimageもうすぐ新一年生のかわいらしい姿が見られる季節となります。椿大神社では、恒例の入学勧学祭を下記日程にて斎行いたします。この祭典は、今年の春に新しく幼稚園・小学校に入園・入学される園児・児童を対象に行われ、大神さまのご加護のもとに勉学に励み、心身ともに健全な成育を祈願するおまつりです。

 

◆日時       平成31年4月7日(日)午前11時~

◆場所       椿大神社内拝殿

 

<ご祈願内容>

             ・学力の向上

             ・健やかな成育

             ・通学の安全

 

 ~ご祈祷料 3000円よりお志し~

 

※ご参列の方には、学業守、直会券(食事券)、ノートが授与されます。

※ランドセルをご持参いただきましたら、お祓いいたします。

 ※当日ご参列の方は、社務所内受付にて所定の祈祷用紙に記入の上、ご祈祷料を添えてお申し込み下さい。

 ※3月、4月中は、随時入学勧学のご祈祷を承っております。

 

春季大祭~本宮春季大祭・別宮春季大祭~

2019.3.11

椿宮春季大祭

◆日時    平成31年4月11日(木) 午前11時~

◆場所    本宮:猿田彦大本宮 椿大神社

 

<奉納行事>

◇神事能「鈿女(うずめ)」 午後1時30分~

(京都金剛流宗家 金剛永謹師他一門)

◇奉納演芸    午後~

(舞椿会)  ※於:椿岸神社

 

 

別宮春季大祭

◆日時    平成31年4月12日(金) 午前11時~

◆場所    別宮:鈿女本宮 椿岸神社

 

<奉納行事>

◇創作舞踊「岩戸舞」 午前11時~ ※「岩戸舞」は祭典の中で奉納されます。

(京都直派若柳流 若柳吟師)

 

 

つばき展

◆日時    平成31年4月11日(木)・12日(金) ※春季大祭期間中

◆場所    椿会館

BUN_4085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※4月11日から12日の御祈祷は、午前8時から御奉仕いたします。
 また、祭典中は、御祈祷をご奉仕できない時間がございます。
 ご了承下さい。

入道ヶ嶽山頂奥宮春季大祭

2019.3.11

山々に新緑が生い茂る季節となりました。

恒例の奥の宮春季大祭を5月12日(日)に高山・入道ヶ嶽頂上にて斎行します。

登拝希望者は下記要領にてご参加下さい。

 

日時:5月12日(日)

午前8時 椿大神社・社務所前集合

午後4時 椿大神社本殿・解散予定

 

<当日の行程>

午前8時    椿大神社・社務所前集合

午前8時30分 椿大神社・拝殿前でお祓い

午前9時    出発

~二本松コース登山~

午前11時   入道ヶ嶽頂上到着(予定)

奥の宮春季大祭

~井戸谷コース下山~

午後4時    椿大神社本殿・解散(予定)

 

※ご参加される方は、白装束(白色系なら可)の登山に適した服装でお越し下さい。

※健康な方ならどなたでも参加していただけますが、装飾品などはしっかりと準備し、万全な状態で臨んで下さい

※昼食は各自ご持参いただきますが、椿会館(1食540円(おむすび))にてご注文を承っております。5月10日(木)までにご予約下さい。

CIMG0478

椿講結成50周年記念大会開催のご案内

2018.10.4

 平素は真心の御崇敬をいただき誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
 お蔭をもちまして全国津々浦々に至る椿会支部も現在156支部となり、講社支部長役員を始め御崇敬の皆様方のご支援ご協力に対し深く感謝申し上げます。
 さて昭和43年本殿御造営を機として、翌44年に崇敬者の集いである猿田彦本宮講・椿講が結成されましてより、平成31年には結成50周年の佳節を迎え、椿講結成50周年記念大会を開催する運びとなりました。
 つきましては、結成当時に思いを馳せ、ご祭神猿田彦大神・天之鈿女命の御神徳を支部会員様はもちろんのこと、より一層お一人でも多くの方々に椿講へのご入講をお導きいただき、大勢の皆様方にご参加いただきますようお願い申し上げる次第でございます。

  定員になりましたので、締め切らせていただきます。 ありがとうございました。

 『椿講結成50周年記念大会』は、下記の通り、開催いたします。

          記

    開催日  平成31年5月17日(金)

 

    会 場  名古屋マリオットアソシアホテル(JR名古屋駅構内ビル)

    概 要  記念式典・記念講演・他

    記念講演 落語家 林家たい平 氏
林家たい平公式写真 最新201810
          林家伝統のサービス精神あふれる芸風を受け継ぎ、
         「たい平ワールド」と呼ばれる楽しさ満点の高座が高い評価を得ており、
         NHKの新人賞を始め若手落語家の賞を受賞。
          真打昇進後も「たい平落語」のさらなる飛躍をめざし、
         年6回おこなう自らの独演会を中心に、全国での落語会のほか、
         ラジオ、テレビの出演も数多くこなし、老若男女問わず親しまれています。

     清 興  音楽家 楠瀬誠志郎 氏
楠瀬誠志郎アーティスト写真
          平成3年にドラマ主題歌「ほっとけないよ」が大ヒットし、一躍スターダムへ。
          その後、ラジオパーソナリティ、アーティストへの音楽提供、
         CM音楽、コラム執筆など幅広く活躍しています。
          聞く人を優しく包み込む透き通ったヴォーカル、繊細な歌詞世界、
         表情豊かな音楽性で、幅広い層の支持を得ています。
          平成27年、「夏椿」「おかえり、椿の子」をの2曲を当社へ御奉納いただきました。

椿大神社惟神椿道場参集殿展示室 「おみくじの源流」展

2018.12.30

椿大神社惟神椿道場参集殿展示室 「おみくじの源流」展

IMG_3753

IMG_3754

 

「おみくじ」は、大陸の影響で始まったものであるが、その時期ははっきりしない。
今日の様な一枚物の「おみくじ札」は、江戸後半期に始まったものと思はれる。しかし、「おみくじ」は現在のような手軽なものではなく、厳粛・鄭重なもので、江戸時代の「おみくじ本」には、煩瑣な程の手続が記されてゐる。それが、今日の様な手軽な占ひとなり、各社寺で種々の「おみくじ札」が出される様になった。
本展示は、現在の「おみくじ」の源(もと)と、その流れ(移り変り)を考へるものである

 

   開催期間 平成31年1月1日 ~3月末

   場  所 椿大神社惟神椿道場参集殿展示室

   開室時間 午前9時~午後5時(無休)

 

  次回展示 「奉祝 御即位」展

       平成31年4月1日 ~6月末

公開講演会 講師変更

2019.3.13

みそぎ修法会・みそぎ特別修法会・椿講婦人部・椿惟神会・椿敬神婦人会 共催
公開講演会の講師が、当初予定の所功先生のご都合により同大学の久禮旦雄先生(所先生のご紹介)に変更になりました。

日時:平成31年3月23日(土) 午後6時

場所:椿大神社/惟神椿道場参集殿 三階講堂

一般参加自由(無料)

国民の根幹を成す御代替わりについての特別講演
  演題 「皇位継承の儀礼と元号」

  講師 京都産業大学 准教授
      久禮 旦雄(くれ あさお) 先生

 大阪府出身。博士(法学・京都大学)。専門は日本法制文化史。
 日本学術振興会特別研究員・三重大学等非常勤講師・(公財)モラロジー研究所研究員を経て、平成30年4月より現職。
 所功先生との著書(共著)『日本年号史大事典』(雄山閣)
 『元号 年号から読み解く日本史』(文春新書)
 『皇位継承の歴史と廣池千九郎』(モラロジー研究所出版部)
 など多数出版。

 

 

扇感謝祭(芸能まつり)

2019.2.7

扇感謝祭(芸能まつり)は、「芸道上達祈願祭」と古扇に感謝を込めての「古扇焚き上げ式(扇供養)」を行います。
なお、芸道上達祈願祭では、日本舞踊名古屋西川流、藤本流、また、舞椿会会員による舞踊の奉納も行われます。

 

IMG_0862 _UNG0938

◆ 日 時   平成30年3月9日(土)

10時30分~   受付開始

11時      扇感謝祭(芸道上達祈願祭)

          奉納行事
           ◇詩舞「初夢(七福神) 本宮三香」 山本扇貴師(舞椿会)
                           染井扇彩師(舞椿会)
           ◇詩舞「桜花の詞  逸名」    佐野扇酔師(舞椿会)
           ◇長唄「末広狩」         おらほの会・彬美津会
                           藤本秀彬社中・藤本彬美津社中
           ◇神話の世界「二神様結縁舞姿」
                     猿田彦大神 西川長秀師(宮比椿会)

                     天之鈿女命 五條園八王師

11時50分頃   古扇焚き上げ式(扇供養)

◆ 場 所   別宮・鈿女本宮 椿岸神社

 

※当日、御祈願お申込みの方は、所定の「扇感謝祭(芸道上達祈願祭)祈祷用紙」にご記入の上、
祈祷料を添えてお申込み下さい

◎御祈祷料 3,000円以上御志

◎御参列の方には、芸能守り・直会券(食事券)が授与されます

 

※「古扇」は、当日ご持参いただくか、お送りいただいても結構です
また、扇に留まらず、筆、茶筅、ばち、弦などもお納めいただけます

 

祈年祭・厄除大祭

2019.1.6

祈年祭(としごひのまつり)
 1年で最初に執り行われる大祭で、年(とし)とは稲であり、稲の豊穣を祈願します。
現代社会においては、農業の五穀豊穣だけでなく、商工産業の繁栄、国民の幸福・安泰なimg_7522ども祈願されています。 
祭典では、豊作を予祝する特殊神事「御鍬神事」が氏子神役の奉仕により大前に奉納されます。

 

 

厄除大祭
 今年厄年の人が一年間無事に平穏に過ごせるように、祈願する祭事です。
なお、祭典では約1300年の歴史を持つ獅子舞神事も執り行われます。
さらに祭典終了後には、一年間の邪気を祓い無病息災を願う「大的弓の神事」がimg_7914
外拝殿前にて執り行われます。

 

 

 

粥だめし神事
今年の豊凶を小豆粥にて占う「粥占神事」のことで、祈年祭に先立ち執り行われます。竹筒を小豆粥の中に入れ、内に詰まった米粒により稲作を、小豆により畑作を占うものです。早朝に、斎館にて執り行います。

◆日時    2月21日      
       祈年祭   午前10時~
       厄除大祭  午前11時~

      ※御祈祷は、午前8時から御奉仕いたします。
      また、祭典中は、御祈祷をご奉仕できない時間がございます。
      ご了承下さい。

◆場所    椿大神社本殿

◆厄年は、以下の通りです。

 

       厄年表は参拝・御祈祷の御祈祷料の厄祓の項目、こちらよりご確認ください。

節分祭・豆まき神事

2019.1.6

節分祭・豆まき神事

  日 時  2月3日(日) 午後1時

  場 所  拝殿前特設舞台

  特別追儺役 佐渡ヶ嶽親方・琴恵光関

全国から参集の追儺役百余名により、「福は内、鬼は外」と除災招福の言葉唱えながら、福豆をまいて邪氣を祓います。

  つばき福くじ 午後2時 先着1700名様に進呈
        獅子堂交通安全祈祷殿にお並び下さい。

 

※2月3日の御祈祷は、午前8時から御奉仕いたします。
 また、祭典中は、御祈祷をご奉仕できない時間がございます。
 ご了承下さい。

IMG_4677

IMG_4753

ページ先頭へ