お知らせ

祭典・行事のご案内

七五三まいり(七五三祭)のご案内

2022.9.24

お子様の健やかな成長をお祈り申し上げます。

七五三まいりの御祈祷を承ります。

七五三まいりは 9月から11月末まで毎日ご奉仕します。以降は、電話にてご確認下さい。

ご祈祷の予約は必要ございません。当日社務所内の祈祷受付までお越しください。

御祈祷は、土日祝日には多くの参拝の方がお越しいただき、特にお昼前後は混雑いたします。

平日は、混雑も少なくゆったりとお受けいただけます。

受付時間:通常は8時~16時30分

御祈祷料:3、000円からのお志(千歳飴・お守り・絵本・お菓子を授与いたします。)

衣装の貸し出し、写真撮影、またお食事は椿会館(059-371-1039)までお問い合わせください。

 

      七五三祭

日時 11月15日(火)11時より斎行

ご参列される場合は、10時30分までに祈祷受付へお越しください。2022

IMG_4565

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~七五三祭にて子供たちの鈴祓いを行っている写真~

11月12 日 龍蛇神両地神社大祭

2022.9.24

 龍蛇神両地神社のご祭神は龍蛇神であり、水に住む「龍」の信仰からは火難除け、水難除けの守護を、また、地に住む「蛇」の信仰からは土地の災難除けを司り、更には財運、身体堅固に霊験あらたかとされています。

 龍蛇神両地神社大祭は、下記の通り、斎行したします。

            記

 日 時  令和4年11月12日(土) 午前10時斎行
                    受付は午前9時より

 場 所  椿大神社内龍蛇神両地神社(かなえ滝横)

 初穂料  3,000円以上御志

  幟   1旈 3,000円
       (二百旈 本数に達し次第終了 事前申し込みに限る)

 

 ※新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、
  検温・マスクの着用・手指消毒に御協力下さいます様、お願い致します。

 

 

 

 

 

 

 


龍蛇神両地神社(別宮椿岸神社横)

入道ヶ嶽山頂奥宮秋季大祭

2022.9.24

奥の宮秋季大祭を11月12日(土)に高山・入道ヶ嶽頂上にて斎行します。

登拝希望者は下記要領にてご参加下さい。

 

日時:11月12日(土)

午前8時 椿大神社・社務所前集合

午後4時 椿大神社本殿・解散予定

 

<当日の行程>

午前8時    椿大神社・社務所前集合

午前8時30分 椿大神社・拝殿前でお祓い

午前9時    出発

午前11時   入道ヶ嶽頂上到着(予定)

奥の宮秋季大祭

午後4時    椿大神社本殿・解散(予定)

 

※ご参加される方は、白装束(白色系なら可)の登山に適した服装でお越し下さい。

※健康な方ならどなたでも参加していただけますが、装飾品などはしっかりと準備し、万全な状態で臨んで下さい

※昼食は各自ご持参いただきますが、椿会館(1食550円(おむすび))にてご注文を承っております。11月10日(木)までにご予約下さい。

 

IMG_2380IMG_2384

 

 

 

 

 

 

DSCN4739

秋季例大祭~本宮例大祭・別宮例大祭~

2022.9.21

当神社の年中行事の中でも、最も重義とされる秋季例大祭が下記日程にて斎行され、奉納行事や神賑行事も開催いたします。また、大祭期間中、境内は氏子・講社員をはじめ崇敬者の皆様の真心こもった献燈で彩られます。是非、ご家族ご友人お誘い合わせの上お越しください。
本年は、新型コロナウイルス感染症防止に拡大より、祭典を縮小して斎行いたします。

 

神 事

10日(月)16時 宵祭り(献燈まつり)

11日(火)11時 本宮例大祭

      15時 神幸祭

12日(水)10時 別宮例大祭
        祭典中 京舞「井上流」 井上安寿子
              地唄「倭文」演能

      11時 還幸祭

 

神賑行事

10日(月) 
 ・子供神輿奉納(中止)
 ・奉納剣舞・詩舞・舞踏他(舞椿会 於:別宮椿岸神社)

11日(火)・12日(水)
 ・献燈まつり(夜)

 

※神社直通無料バス(近鉄四日市駅発)は、本年度より廃止させていただきます。

 

※10月10日から12日の三日間の御祈祷は、午前8時から御奉仕いたします。
 また、祭典中は、御祈祷をご奉仕できない時間がございます。
 ご了承下さい。
 三日間の閉門は午後8時といたします。

新型コロナウイルス感染症拡大の動向によっては、ご参列の有無も含め、神賑行事の中止・変更等の生じる場合がございます。
当社ホームページまたは、社務所までご連絡いただきご確認下さい。

 

201610Bun-25015

令和4年月11月11日 みそぎ修法会開催について

2022.9.12

令和4年10月11日のみそぎ修法会は、秋季例大祭のため開催致しません。

 

開催方法を変更いたしました。

◎参加条件

接種証明、陰性証明提示 (必須)

・新型コロナワクチン接種証明(3回もしくは4回)を当日受付時にご提示ください。 

接種済証、または接種した事実が分かる書面(写真データ等でも可)

・未接種の方は、陰性証明を当日ご提示ください。

みそぎ修法会の3日前以内のPCR検査等陰性証明(メール画面等でも可)

椿講講社員に入会

  ・椿講講社員への入会が必要です。(家族単位、未入会の方は随時申込いただけます。)

   ※紹介者は不要です。

◎申し込み方法

往復はがきでお申し込みください。 

・往信はがき住所氏名電話番号講社員加入の有無(家族単位)みそぎ会加入

の有無(初めての参加かどうか)、11月のみそぎ修法会参加希望と明記ください。

・返信はがきにもあらかじめ住所、氏名をご記入ください。

申込期間:11月のみそぎ会につきましては、9月12日~10月25日必着

※感染症対策のため、人数制限を設けますので、上限人数に達し次第受付を締め切らせていただきます。何卒ご了承ください。

◎当日準備品

・返信はがき(当神社からの)

・接種証明または陰性証明

・講社手帳(当日入講可)

・みそぎ会手帳

・みそぎ会年会費(3,000円)、当日参加費(御祈祷料)(3,000円以上志)

・はちまき(500円)、白色ふんどし(1,500円)、白色水衣(7,000円)、白色タオル

 

※今後の感染状況により、開催方法の変更、開催中止となる場合がございますので、あらかじめご理解の程お願い致します。

椿大神社 第3回絵はがきコンテスト

2022.8.21

椿大神社 第3回絵はがきコンテストを開催いたします。

テーマは「椿大神社」。
「椿大神社」に関するものなら可。境内で見たこと、感動したこと、神様へ、自然の恵みに、家族との思い出など自由にご表現ください。

【応募要項】
●応募資格は不問。一人一作品。手書き、貼り絵、版画など自由。
●作品は未発表のものに限ります。
●応募作品は返却いたしませんのでご承知下さい。
●入賞作品の著作権は主催者に帰属します。
●官製はがきをご使用ください
●宛名面に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記して、下記までご郵送下さい。こちらの個人情報は他の目的には使用いたしません。
●応募締切日 令和4年10月31日。
●発表は11月下旬。賞状と記念品の発送をもってかえさせていただきます。また、月刊紙(新聞)「つばき」並びに年刊誌「椿の宮」に掲載いたします。
●令和4年12月1日~令和5年2月末まで、椿大神社社務所ロビー、または参集殿にて掲示致します。
●主催:伊勢国一の宮 椿大神社
 協賛:椿郵便局
 後援:鈴鹿市観光協会、中日新聞社
●お問い合わせ先 059(371)1515 椿大神社
●ホームページ https;//www.tsubaki.or.jp/

【応募先】
〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町1871
椿大神社「絵はがきコンテスト」係

【審査・表彰】
賞:椿大神社大賞(賞状・記念品)
  審査委員長賞(賞状・記念品)
  ほか入選 若干名 (記念品)

審査委員長:高北幸矢 先生
      清須市はるひ美術館館長・愛知県芸術文化協会理事長・名古屋造形大学名誉教授(元学長)

主催:伊勢国一の宮 椿大神社
協賛:椿郵便局
後援:鈴鹿市観光協会、中日新聞社

 

 

第4回 UZUME塾

2022.8.24

別宮・椿岸神社の神様は天之鈿女命(あめのうずめのみこと)様で、

芸能調和、魂鎮めの女神さまです。椿の杜で日本の伝統・文化に触れ、

作法や精神性を習得することで、自分自身をさらに磨きましょう

 

日時 :令和4年1015日(土)30分~17

場所 : 椿大神社

対象 : 18歳~45歳の女性

募集人数 :10名 (先着順)

内容 :茶道、写経、社務体験、清掃など

参加費 :3,500円 (昼食付)

持物 :白足袋、白肌着、スパッツ(華美でないもの)
    腰紐本、白ハンカチ、筆記用具、ヘアピン、黒ゴム

注意事項 :ピアスなどのアクセサリー類、香水、カラーコンタクト、ネイルなどは
      禁止です。 控えめな化粧でお越しください。
      尚、金髪等派手な染髪の方はご参加ご遠慮願います。

 申込方法 :下記までお問合わせいただくか、社務所までお越しください。

申込締切 :定員となりましたので、受付終了とさせていただきます。

お問い合わせ ⇒ 椿大神社059-371-1515 UZUME塾担当 安藤・新藤・中矢

ホームページ写真鈿女塾

 

 

厄祓いのご案内

2022.1.4

厄年は一生の中でも、体力的・家庭環境的・社会的にそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期とされています。

その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参拝して災厄を祓う厄祓い(厄除け)を行います。

厄年の年齢は「数え年」です。また、1月1日から節分までの生まれの方は、前年の生まれとします。

厄祓いの御祈祷は、毎日ご奉仕いたしております。

新型コロナウイルス感染症対策について

2022.6.26

ご 参 拝

  • 施設入り口では、非接触型体温計消毒液を設置しておりますので、ご協力をお願いいたします。
  • ご参拝の際には、マスクの着用をお願いいたします。
  • 発熱など体調のすぐれない方は、ご参拝をお控えください。
  • 土・日・祝日は、混雑いたしますのでなるべく避けていただき、平日のご参拝をご検討ください。

 

ご 祈 祷

  • ご祈祷の参列はなるべく少数でお願いいたします。
  • ご祈祷は、密にならないように、円滑に進め、少数の参列になるように努めますので、待ち時間が長くなる場合がございます。
  • ご祈祷後の神酒拝戴は中止しております。
  • 社殿他建物は、扉、窓を開け換気を行っております。

 

郵送祈祷・お預かり祈祷・授与品(お札・お守り)・御朱印

  • 参拝時にお時間がない方や、御殿に上がることができない方には、先に撤下神饌(お札・お守り等)をお渡しする事もできます。お預かりのご祈願は、当日中にご祈祷いたします。
  • 参拝が不安な方や遠方の方には、郵送でのご祈祷も承っております
  • 御朱印は、主に神社でご用意した紙の御朱印を授与いたします。

    神社公式ホームページまたは電話、FAX、Eメールにてお申し込みください。

    ※郵送でのご祈祷の場合、撤下神饌(お札・お守り等)が通常のご祈祷と異なる場合がございます。

 

「お参りを控えていらっしゃる方への郵送祈祷のご案内」をクリックしてください。

 

職員一同万全の受け入れ態勢に努めてまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

龍神三社巡りのご案内

2020.11.11

 3月22日、境内別宮椿岸神社の東南に「龍蛇神両地神社」が建立されました。ご祭神は龍蛇神であり、水に住む「龍」の信仰からは火難除け、水難除けの守護を、また、地に住む「蛇」の信仰からは土地の災難除けを司り、更には財運、身体堅固に霊験あらたかとされています。

 この龍蛇神両地神社建立により、庚龍神、立雲龍神・龍蛇神を巡る龍神三社巡りを行う事ができます。ご参拝の折には是非、龍神様の偉大なる御守護とお導きを戴かれますようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 


龍蛇神両地神社(別宮椿岸神社横)

 

 

 

 

 


庚龍神社(獅子堂前)

 

 

 

 

 


立雲龍神社(行満堂横)

 

ページ先頭へ