お知らせ

祭典・行事のご案内

第10回椿こども塾 開催のご案内

2024.5.26

次世代を担う子供たちを対象とした第10回椿こども塾を下記日程にて開催いたします。

自然豊かな椿の杜で、神前作法・自然体験学習など有意義に過ごし、日常生活における礼儀作法を学びましょう。

 

日程:7月28日(日)9時に社務所へ集合
           16時解散予定

対象:小学生・中学生(保護者同伴可)

内容:神前作法・弓道・自然体験学習など

定員:20名

 

会費:3,000円(昼食付)

 

お問い合わせ:椿大神社社務所 TEL059-371-1515

5月29日 立雲龍神社大祭

2024.3.2

 立雲龍神社は、境内に鎮座する龍神三社のひとつであり、虫封じ、子育てをはじめ、身体の健全立身出世の神様として篤く信仰されております。
 今年も巳月巳日巳刻に祭典を斎行し、立雲龍神様の御霊を和め奉るとともに、身体の健全、立身出世の御神徳を戴かれますようにご祈念いたします。
 皆様お揃いにてご参列下さいますようご案内申し上げます。

立雲神社大祭

 日 時 5月29日(水) 午前10時~

 場 所 立雲龍神社(行満堂神霊殿横)

 玉串料 御一人様 3,000円からの御志

  幟  1旈 3,000円
       (200旈 本数に達し次第終了。
        郵送でのお申込みは、事前に電話にて受付可能かをご確認ください。
        ℡:059-371-1515)

 ※当日は撤下の神饌としてお札、お守、神前にお供えした生卵を授与致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

令和6年6月11日 みそぎ修法会開催について

2024.5.11

参加条件

椿講講社員に入会

・椿講講社員への入会が必要です。(家族単位、未入会の方は随時申込いただけます。)

  紹介者は不要です。

当日、社務所玄関で検温

・接種証明、陰性証明提示は不要です。

飲酒されている方、入れ墨、タトゥーを入れている方はご遠慮願います。

申し込み方法

往復はがきでお申し込みください。 

・往信はがき住所氏名電話番号講社員加入の有無(家族単位)みそぎ会加入
の有無(初めての参加かどうか)、6月のみそぎ修法会参加希望と明記ください。

・返信はがきにもあらかじめ住所、氏名をご記入ください。

申込期間:6月のみそぎ会につきましては、5月12日~5月20日消印有効

人数制限を設けておりますので、上限人数に達し次第受付を締め切らせていただきます。何卒ご了承ください。

当日準備品

・返信はがき(当神社からの)

・講社手帳(当日入講可)

・みそぎ会手帳

・みそぎ会年会費(3,000円)、当日参加費(御祈祷料)(3,000円以上志)

・はちまき(500円)、白色ふんどし(1,500円)、白色水衣(7,000円)、白色タオル

・予備のマスク1枚(みそぎにてマスクが濡れるため)

今後の感染状況により、開催方法の変更、開催中止となる場合がございますので、あらかじめご理解の程お願い致します。

6月30日 夏越の大祓式

2024.5.2

1年の上半期を締めくくる6月30日に、夏越の大祓式が斎行されます。

祭典では、半年の間にご自身の身心についた罪や穢れを祓い清めて、下半期の無病息災を祈念いたします。

拝殿前には直径3メートルの「茅の輪」が設置され、この間を「水無月の夏越の祓いする人は、千歳の命のぶといふなり」と唱えながら3回くぐります。また、紙で作られた人形を自己の身代わりの形代(かたしろ)として御幣川に祓い流します。

皆様方の茅の輪くぐりは、各自でお回り下さい。

茅の輪は、6月8日(土)より7月7日(日)まで設置いたします。(予定)

 

 

<日 時>

6月30日(日)

<日 程>

14時    夏越の大祓式

14時30分 茅の輪くぐり神事

15時30分 形代流し神事 於:鈴鹿川上流・御幣川川原(神職のみ)

 

  ※御祈祷は、午前8時から御奉仕いたします。
   また、祭典中は、御祈祷をご奉仕できない時間がございます。
   ご了承下さい。

 

第42回夏期大学講座

2024.4.29

開催日:令和6年8月25日(日)

会 場:椿大神社 椿会館/参集殿

講 演:午後1時

講 師:太川 陽介(たがわ ようすけ) 先生

受講料:6,000円 ※昼食・茶室「鈴松庵」での呈茶を含みます

 

~講師紹介~

昭和34年京都府生まれ。
昭和51年、歌手としてデビュー。3曲目の「Lui-Lui」が大ヒットし日本レコード大賞新人賞を受賞、一躍人氣アイドルに。
その後、俳優として数々のテレビ・ラジオ・舞台などで活躍。芸名の由来ともなった太陽のような明るさは『ぶらり途中下車の旅』などのレポーター業でも発揮され、身近な旅の魅力を余すところなく伝えています。女優の藤吉久美子さんとは、芸能界きってのおしどり夫婦で、結婚7年目に待望の第一子を授かり、家事・育児にも積極的に参加するなどイクメンとしても知られています。

 

厄祓いのご案内

2023.12.14

厄年は一生の中でも、体力的・家庭環境的・社会的にそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期とされています。

その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参拝して災厄を祓う厄祓い(厄除け)を行います。

厄年の年齢は「数え年」です。また、1月1日から節分までの生まれの方は、前年の生まれとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厄祓いの御祈祷は、毎日ご奉仕いたしております。

公式インスタグラム接続のお知らせ

2023.9.9

ホームページに公式インスタグラムのバナーを作成いたしました。

是非、ご利用ください。

 

公式インスタグラムは、神社で斎行されるお祭りのお知らせや、境内の日常風景などを投稿しております。

不慣れな点もございますが、皆様に魅力が伝わりますよう更新してまいりますので、是非ご覧ください。

なおコメント・DM(ダイレクトメッセージ)・お問合わせ等には返信いたしかねます。

また写真の無断転載禁止とさせていただきます。インスタグラムにて椿大神社の公式アカウントを開設いたしました。

tsubakiokamiyashiro_official

龍神三社巡りのご案内

2020.11.11

 3月22日、境内別宮椿岸神社の東南に「龍蛇神両地神社」が建立されました。ご祭神は龍蛇神であり、水に住む「龍」の信仰からは火難除け、水難除けの守護を、また、地に住む「蛇」の信仰からは土地の災難除けを司り、更には財運、身体堅固に霊験あらたかとされています。

 この龍蛇神両地神社建立により、庚龍神、立雲龍神・龍蛇神を巡る龍神三社巡りを行う事ができます。ご参拝の折には是非、龍神様の偉大なる御守護とお導きを戴かれますようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 


龍蛇神両地神社(別宮椿岸神社横)

 

 

 

 

 


庚龍神社(獅子堂前)

 

 

 

 

 


立雲龍神社(行満堂横)

 

お参りを控えていらっしゃる方へ
郵送祈祷のご案内
 

2022.5.22

電話、ファックス、メールにて、御祈祷とお守りの郵送を承ります。

下記、申込書にてお申し込みください。

郵送御祈祷申込書(PDF)

お守り郵送申込書(PDF)

命名の申込は、住所、父親名、母親名、兄弟名(続柄)、連絡先(電話、ファックス)、命名のお子様の生まれた日時分、続柄、希望名(複数お書きください)をご連絡ください。Fax:059-371-1668、Mail:info@tsubaki.or.jp

ページ先頭へ