お知らせ

祭典・行事のご案内

みそぎ修法会の中止について

2021.7.28

新型コロナウィルス感染拡大防止ため

 令和3年 8月11日(水) みそぎ修法会

は中止とさせていただきます。

第46回椿大神社 夏まつり 競書写生大会

2021.7.21

椿大神社競書写生大会は例年8月1日、夏まつりの行事として開催しておりましたが、本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため公募にて開催させていただきます。ご理解いただきますようお願い申し上げますとともに、皆様からのご応募を心よりお待ちしています。

競書写生公募要項

資  格 小学生 中学生

競書課題 小学生は各学年ごとに課題、中学生は統一課題(書道半紙使用)

      小学1年生 つき
        2年生 あいさつ
        3年生 大空
        4年生 聖火
        5年生 温かい心
        6年生 緑の大地

      中学校   根本精神

     作品に学校名・学年・氏名を必ず記入してください。

     
写生画題 椿大神社の社殿や風景を自由に写生(画用紙四つ切を使用してください)
     作品提出〆切日までに、直接神社へ来て境内でお描きください(神社午前9時~午後4時まで)

出品料  無料

出品〆切 令和3年8月31日(火)

審  査 主催者 共催者 後援者

褒  賞 文部科学大臣賞・三重県知事賞・三重県議会議長賞・椿大神社宮司賞
     中日賞・金賞・銀賞・銅賞(競書の部・写生の部共に)

発  表 令和3年9月中旬 中日新聞紙上・本人直接通知・椿大神社掲示

表  彰 令和3年9月下旬 椿大神社にて

展  示 令和3年9月下旬~10月末日まで 椿大神社社務所客殿にて展示

細  則 出品は一人1点とする(競書一点・写生一点 合わせて二点でも可)
     氏名・学校名・学年・保護者氏名・住所・連絡先電話番号を出品票に記入の上同封し、
     直接神社にお持ちいただくか、若しくは郵送にてご応募ください
     出品票は、作品には貼らないで下さい
     競書につきましては、書の左側に、学校名、学年、氏名をお書きください
     (例 〇〇小△年 氏名)
     作品は返却いたしかねます

作品送付先 椿大神社社務所 〒519-0315 鈴鹿市山本町1871
       電話:059-371-1515

応募要項、及び出品票(PDF)はここをクリックしてください

 

主催/椿大神社
共催/椿地区自治会・山本町婦人会・山本町老人会
後援/中日新聞社

第39回短詩形文学献詠祭 作品募集

2020.7.14

 

11月3日(文化の日)に斎行される短詩形文学献詠祭にて披講・奉告申し上げる詠進歌句を
広く全国各地の同好の士から、下記の通り募集致します。
何卒、奮ってご応募下さいますようご案内申し上げます。(投稿無料)

            記

◆募集要項   短歌一人一首
        俳句一人一句
        ※短歌、俳句はそれぞれ別のハガキに記載して下さい。
        また、①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④電話番号 を明記の上、下記までお送り下さい。
        作品と氏名には必ずふりがなをつけて下さい。
        未発表作品に限ります。重複出詠不可。

応募締め切り 令和3年9月15日必着

作品送付先  〒519-0315 鈴鹿市山本町1871
              椿大神社内献詠祭係宛
        ℡059-371-1515 <担当>岩崎、佐藤貴まで

入選者には、祭典・表彰式(11月3日)のご案内をさせていただきます。

◆選者 <短歌> 大平修身、大辻隆弘、青木佳久、木村よし子の各先生
    <俳句> 坂口緑志、前田典子、宇多喜代子、伊藤政美の各先生

 

皆様から投稿頂いた短歌・俳句を大神様の神前に披講・奉告申し上げるお祭りです。

下記の通り、斎行致します。

但し、新型コロナウイルス感染防止のため内容を変更する場合もございます。

 

              記

   日 時  令和3年11月3日(水・文化の日) 午後斎行

   場 所  椿大神社 別宮 椿岸神社

 

 

椿大神社 第2回絵はがきコンテスト

2021.6.20

椿大神社 第2回絵はがきコンテストを開催いたします。

テーマは「椿大神社」。
「椿大神社」に関するものなら可。境内に見たこと、感動したこと、神様へ、自然の恵みに、家族との思い出など自由にご表現ください。

【応募要項】
●応募資格は不問。一人一作品。手書き、貼り絵、版画など自由。
●作品は未発表のものに限ります。
●応募作品は返却いたしませんのでご承知下さい。
●入賞作品の著作権は主催者に帰属します。
●官製はがきをご使用ください
●宛名面に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記して、下記までご郵送下さい。こちらの個人情報は他の目的には使用いたしません。
●応募締切日 令和3年10月31日。
●発表は11月下旬。賞状と記念品の発送をもってかえさせていただきます。また、月刊紙(新聞)「つばき」並びに年刊誌「椿の宮」に掲載いたします。
●令和3年12月1日~令和4年2月末まで、椿大神社社務所ロビー、または参集殿にて掲示致します。
●主催:伊勢国一の宮 椿大神社
 協賛:椿郵便局
 後援:鈴鹿市観光協会、中日新聞社
●お問い合わせ先 059(371)1515 椿大神社
●ホームページ https;//www.tsubaki.or.jp/

【応募先】
〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町1871
椿大神社「絵はがきコンテスト」係

【審査・表彰】
賞:椿大神社大賞(賞状・記念品)
  審査委員長賞(賞状・記念品)
  ほか入選 若干名 (記念品)

審査委員長:高北幸矢 先生
      清須市はるひ美術館館長・愛知県芸術文化協会理事長・名古屋造形大学名誉教授(元学長)

主催:伊勢国一の宮 椿大神社
協賛:椿郵便局
後援:鈴鹿市観光協会、中日新聞社

 

 

厄祓いのご案内

2021.2.21

厄年は一生の中でも、体力的・家庭環境的・社会的にそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期とされています。

その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参拝して災厄を祓う厄祓い(厄除け)を行います。

厄年の年齢は「数え年」です。また、1月1日から節分までの生まれの方は、前年の生まれとします。

厄祓いの御祈祷は、毎日ご奉仕いたしております。

新型コロナウイルス感染症対策について

2021.3.22

ご 参 拝

  • 施設入り口では、非接触型体温計消毒液を設置しておりますので、ご協力をお願いいたします。
  • ご参拝の際には、マスクの着用をお願いいたします。
  • 発熱など体調のすぐれない方は、ご参拝をお控えください。
  • 土・日・祝日は、混雑いたしますのでなるべく避けていただき、平日のご参拝をご検討ください。

 

ご 祈 祷

  • ご祈祷の参列はなるべく少数でお願いいたします。
  • ご祈祷は、密にならないように、円滑に進め、少数の参列になるように努めますので、待ち時間が長くなる場合がございます。
  • ご祈祷後の神酒拝戴は中止しております。
  • 社殿他建物は、扉、窓を開け換気を行っております。

 

郵送祈祷・お預かり祈祷・授与品(お札・お守り)・御朱印

  • 参拝時にお時間がない方や、御殿に上がることができない方には、先に撤下神饌(お札・お守り等)をお渡しする事もできます。お預かりのご祈願は、当日中にご祈祷いたします。
  • 参拝が不安な方や遠方の方には、郵送でのご祈祷も承っております
  • 御朱印は、お持ちいただいた御朱印帳に記帳させていただきます。状況により神社でご用意した御朱印を授与する場合があります。

    神社公式ホームページまたは電話、FAX、Eメールにてお申し込みください。

    ※郵送でのご祈祷の場合、撤下神饌(お札・お守り等)が通常のご祈祷と異なる場合がございます。

 

「お参りを控えていらっしゃる方への郵送祈祷のご案内」をクリックしてください。

 

職員一同万全の受け入れ態勢に努めてまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

龍神三社巡りのご案内

2020.11.11

 3月22日、境内別宮椿岸神社の東南に「龍蛇神両地神社」が建立されました。ご祭神は龍蛇神であり、水に住む「龍」の信仰からは火難除け、水難除けの守護を、また、地に住む「蛇」の信仰からは土地の災難除けを司り、更には財運、身体堅固に霊験あらたかとされています。

 この龍蛇神両地神社建立により、庚龍神、立雲龍神・龍蛇神を巡る龍神三社巡りを行う事ができます。ご参拝の折には是非、龍神様の偉大なる御守護とお導きを戴かれますようお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 


龍蛇神両地神社(別宮椿岸神社横)

 

 

 

 

 


庚龍神社(獅子堂前)

 

 

 

 

 


立雲龍神社(行満堂横)

 

お参りを控えていらっしゃる方へ
郵送祈祷のご案内
 

2021.4.15

電話、ファックス、メールにて、御祈祷とお守りの郵送を承ります。

下記、申込書にてお申し込みください。

郵送御祈祷申込書(PDF)

お守り郵送申込書(PDF)

 

ページ先頭へ