参拝・お祓い・ご祈祷

参拝作法

参拝作法

参拝の作法は、心身を清め、心静かに神前に向かっていただくための所作として受け継がれてきました。礼節を重んじることで、神様との結びつきも深まることでしょう。参拝の際は、ぜひ心がけて下さい。

手水の作法

神社には必ず手水舎(てみずや)があります。その水で身を清めてから神前に向かいます。

一

手水の作法01

右手で柄杓を取り、左手を清める

二

手水の作法02

左手に持ち替え、右手を清める

三

手水の作法03

右手に持ち替え、
左の手のひらに水を受け、口をすすぐ

一

手水の作法04

再び左手を清めた後、柄杓を縦に持ち、
残った水で柄を洗い流す

参道を歩く作法

参道の中央は、神様の道(正中)とされています。
参道の中央を避けて歩み、神前に向かって下さい。

参拝の作法

お賽銭を賽銭箱におさめ、拝礼を行います。拝礼は二拝二拍手一拝が基本作法です。

一

参拝の作法01

拝(90度に腰を折り
頭を下げる)を二回

二

参拝の作法02

両手を胸の高さで合わせ
(右手を少し引く)、二拍手

三

参拝の作法03

胸の前で両手を合わせ祈り、拝をもう一度行う

ページ先頭へ