お知らせ

5月14日 庚龍神社大祭

更新日 2020年04月3日

 庚龍神社は、神社境内入り口の樹齢400年と伝えられる樅の木に龍神様が宿っているとのことから昭和55年5月に鎮座致しました。
 この庚龍神様の「庚(かのえ)」とは「金の兄」、即ち「金の氣」であり、龍神・巳と繋がって、神秘的な力を持つと言われ、「万物が繁昌の極みとなる」という御神徳があります。また、「巳年生うまれの人はお金に困らない」とか「財布の中に蛇の抜け殻をいれておくと金運が上がる」と言った話もよく耳にします。
 今年も巳月巳日巳刻に祭典を斎行し、庚龍神様の御霊を和め奉るとともに、大いなる金運財運の御神徳を戴けれますようにご祈念致しますので、皆様お揃いにてご参列下さいますようご案内申し上げます。

庚龍神社大祭

 日 時 5月14日(木) 午前10時~

 場 所 椿大神社庚龍神社(獅子堂前)

 玉串料 御一人様 3,000円からの御志

 ※当日は撤下の神饌として金運招福のお守りと神前にお供えした生卵を授与致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

立雲神社大祭

 日 時 5月26日(火) 午前11時~

 場 所 椿大神社立雲龍神社(行満堂横)

ページ先頭へ