御祭事

毎月 1日 06:00 月次祭・朝詣り(1月は歳旦祭)
毎月11日 20:00 みそぎ修法会(4月、10月は休会)
毎月15日 11:00 交通安全祭
毎月24日 11:00 椿宮延命地蔵尊縁日

10月

10月10日 16:00 宵祭・献燈まつり
10月11日 11:00 本宮秋季例大祭・神幸祭
10月12日 10:00 別宮秋季例大祭・還幸祭
10月秋季例大祭の前後 11:30 縣主神社例祭

11月

11月 3日 10:30 椿宮短詩形文学献詠祭
11月12日 08:30 奥宮秋季大祭(入道ヶ嶽山頂)
11月15日 11:00 七五三祭

12月

12月 1日 10:00
11:00
新嘗祭
愛宕社大祭
12月23日 08:30 天長祭
12月31日 16:00 師走大祓式

月次祭・朝詣り(1月は歳旦祭)

月次祭・朝詣り(1月は歳旦祭)
月次祭・朝詣り(1月は歳旦祭)

毎月1日に、その月の世界の繁栄と平安、また氏子、椿講社員、崇敬者の皆様の安全と隆昌を祈ります。
早朝午前6時(受付は午前5時30分より)に御祈願を奉仕いたします。
椿会館にて、朝詣りの方の、朝食(500円)をご用意しております。

閉じる

みそぎ修法会(4月、10月は休会)

みそぎ修法会(4月、10月は休会)
みそぎ修法会(4月、10月は休会)

当神社のみそぎは、滝の水に打たれる水行と、護摩を焚く火行です。みそぎを通して、心身を祓い清め、清々しい氣もちで明日への活力を得ましょう。
尚、ご参加には紹介者を要します。

詳細はみそぎ修法会

閉じる

本宮秋季例大祭・神幸祭

本宮秋季例大祭・神幸祭
本宮秋季例大祭・神幸祭
本宮秋季例大祭・神幸祭
本宮秋季例大祭・神幸祭

11時より本宮において秋季例大祭が斎行されます。
15時より神幸祭が行われ神興が巡行します。

本宮・椿大神社にて秋の豊かな稔りへの神恩感謝を始め、皇室の弥栄、国家の安泰、世界の平和、氏子崇敬者、椿講社員の隆昌をお祈り申し上げます。
祭典後は、神幸祭が斎行され、本殿より猿田彦大神の御神霊が神輿に遷され、厄年にあたる氏子らの與丁奉仕により、天之鈿女命が鎮まります別宮・椿岸神社へと遷御されます。

閉じる

別宮秋季例大祭・還幸祭

別宮秋季例大祭・還幸祭
別宮秋季例大祭・還幸祭

10時より別宮において秋季例大祭・還幸祭が行われます。
11日、12日寄るには、氏子のみなさんにより椿おどりも行われます。

別宮(鈿女本宮)椿岸神社にて一夜をともに過ごされた猿田彦大神と天之鈿女命のご夫婦の大前にて、秋の豊かな稔りへの神恩感謝を始め、皇室の弥栄、国家の安泰、世界の平和、氏子崇敬者、椿講社員の隆昌をお祈り申し上げます。
祭典後は、還行祭が斎行され、別宮より猿田彦大神の御神霊が神輿に遷され、厄年にあたる氏子らの與丁奉仕により、本宮へと還御されます。

閉じる

縣主神社例祭

縣主神社例祭

縣主神社は「延喜式」に記載の鈴鹿郡十九座の一つで、川崎村(現・亀山市川崎町)に鎮座し、俗に縣大明神と称され鎮守社として親しまれていましたが、平成十年に当神社に鎮座地を移し、当神社秋季例大祭に合わせて例祭を斎行しております。

閉じる

奥宮秋季大祭(入道ヶ嶽山頂)

奥宮秋季大祭(入道ヶ嶽山頂)
奥宮秋季大祭(入道ヶ嶽山頂)
奥宮秋季大祭(入道ヶ嶽山頂)

入道ヶ嶽山頂(海抜905.4メートル)に鎮座する奥宮の大祭です。
途中、悠久の太古より今に現存する猿田彦大神の御神跡である「いしぐらの磐座(いわくら)」、「いしがみの磐座(富士社)」に立ち寄り諸祭を行います。
登拝の方は当日、8時30分までにお越しいただき、16時下山予定です。
白系の服装でかつ登山できる格好でご参加下さい。弁当は各自で、ご持参下さい。

閉じる

七五三祭

七五三祭

七五三を迎えられたお子さまの健やかな成長を祈願します。
古来では男子女子ともに3歳に髪置、男子5歳で袴着、女子7歳で帯解きの儀式を行っていました。
七五三は、この習わしによるお祝いです。11月中には、たくさんの七五三まいりの方がお見えになります。

閉じる

新嘗祭

新嘗祭

年中祭祀の中でも特に重儀とされる祭典です。
宮中では、11月23、24日に斎行され、陛下が新穀による御食御酒(みけみき)を天神地祇に奉り、御親(おんみずか)らも共にこれをきこしめされます。
当神社は故実によりこの日に斎行いたし、皇室、国家、国民の平和と繁栄を祈ります。

閉じる

愛宕社大祭

愛宕社大祭
愛宕社大祭

神楽山の頂きに鎮座する愛宕社の例大祭、火伏せの神として火難除の信仰の厚い神社です。

閉じる

ページ先頭へ